一般家庭用 個人用AEDの価格は?最安値で所有する3つの方法

一般家庭用、個人用AEDの価格は?最安値で所有する3つの方法

AEDは高価格だが今は、一般家庭用や個人所有(個人用)する時代へ移りつつあります。少しでも最安値な方法(レンタル・リース・購入)を価格比較し安い値段で所有するお手伝いが出来れば幸いです。

家庭の宝子供、AEDの価格を埋め家庭用AEDの活躍に期待

AED価格子供を救う個人、一般家庭で所持
心臓震盪(しんぞうしんとう)という言葉をご存知でしょうか?

突然死は成人ばかりだとは限らなく、子供にも起きます。

特に子供に多い症状が、心臓震盪(しんぞうしんとう)

子供は心臓の上部の胸壁が柔らかく、外部からの衝撃をまともに受けると心臓までショックが伝わり、心臓の働きを崩す可能性があります。

ショックは強くなくても弱くても、怪我がない程度でも起こりとても怖い状態。

いくつかの事例があります。

  1. 公園でキャッチボールしていた小学生の男児、ボールが胸に当たり倒れ、病院に運び込まれましたが時遅し、死亡。亡くなつた男児の両親は、原因はボールが胸に当たつたことによる心臓震盪と訴え、裁判では主張を認め、損害賠償で決着。
  2. 中学生のサッカーの試合、ボールを胸でトラップした際、心臓震盪が発症。その場で倒れ、救急車で病院まで運ばれました力心臓停止の状態、その9日後に死亡。

どれも悲しい出来事です。

このようにスポーツでの事案が多いですが、遊んでいた最中の事案も有ります。

突然死が起こる事案の報告は毎年、学校では100件以上にも昇り、児童や学生の10万人当たりのでは小学生0.3人、中学生0.8人、高校生0.9人と、特に男子に多い傾向との事。

健康な子供が突然倒れ心室細動になった場合、除細動器(AED)で除細動を行えば助かる確率は高いと言われています。

子供が居る家庭では、個人用として所有している所もたまにありますが、価格が高く家庭用となると裕福な家庭でしか所持できません。

心臓震盪の発症確率は非常に低いですが、万が―を考えると判断できませんよね。

いち早くAEDが安く、個人、家庭で所有し心臓震盪の恐怖、不安を払拭したい所です。

価格を抑え最安値で一般家庭用、個人用のAEDを所持する方法は こちら