一般家庭用、個人用AEDの価格は?最安値で所有する3つの方法

一般家庭用、個人用AEDの価格は?最安値で所有する3つの方法

AEDは高価格だが今は、一般家庭用や個人所有(個人用)する時代へ移りつつあります。少しでも最安値な方法(レンタル・リース・購入)を価格比較し安い値段で所有するお手伝いが出来れば幸いです。

高価格なAED、家庭用で所有してもいち個人が使いこなせるか?

AED高価格で購入しても個人で使えるか毎年、心臓停止による死亡例は4万人と言われています。

この事例のうち家庭で起きている場合は、ほとんどは適切な救命処置はされていないとう結果がありました。

まだまだ一般市民による救命の知識が乏しいと言えるかもしれません。

確かにAEDは個人用、家庭用として一般市民が所有すには価格が高く諦めてしまう気持ちもわかりますがよく家族や医師と相談し判断すると良いでしょう。

AEDで救命出来る確立は

心配停止状態になつてから救命率を上げるにはすぐ除細動(AED)を行うことで3分以内、早ければ早い程助かる確率は上がるグラフを見ました。

倒れてからすぐ様救急車を呼んで、到着し着衣を脱がし、電極パッドを貼って、電気ショックの可否判断をして…除細動(AED)を3分以内に出来る可能性はというと難しいかもしれません。

昨今、国内の交通事情は混雑を増し、到着するまでには約8分かかる統計も有り。



AEDは身近に置いておけばとても心強いかもしれませんが、処置するまでに戸惑っていては、個人で持っている意味も半減してしまいます。

できれば、AEDなど心肺蘇生法講習をすることをオススメします。

厚生労働省も3時間の講習を受ける事を推薦しています。

仮に、講習を受けていない人でも試よ言う可能です。
(今のAEDは簡単な操作で使用できる作りになっています)


AEDの簡単な使い方(基本)


1.AED本体の電源を入れる
これで本体から音声ガイダンスが流れ指示に従います。

2.電極パッドを貼る
一緒に入つている電極パッドを取り出し胸に貼り付ける。

3.AEDが判断する
除細動が必要かどうかAEDが判断する。

4.ショックボタンを押す
除細動が必要と判断、周囲の人を離れるように指示する。

5.AEDが判断する
音声ガイダンスの指示に従う。


と、ほとんどAEDが判断して指示を出してくれます。

救急車が到着してから救命(AED等)をしていて時間の壁があり限界があります。

そこで一般市民の協力を求め使用できるようにした除細動器AED。

実際にAEDを使う事は少ない、若しくはないかもしれません。

必要が無ければ除細動は行われません。

!まず勇気を持って、AEDを持つて、救命活動を

価格を抑え最安値で一般家庭用、個人用のAEDを所持する方法は こちら