一般家庭用、個人用AEDの価格は?最安値で所有する3つの方法

一般家庭用、個人用AEDの価格は?最安値で所有する3つの方法

AEDは高価格だが今は、一般家庭用や個人所有(個人用)する時代へ移りつつあります。少しでも最安値な方法(レンタル・リース・購入)を価格比較し安い値段で所有するお手伝いが出来れば幸いです。

AEDを購入せずAEDを利用する為には設置場所を知る

AED探す
今は日本全国にAEDは50万台弱、さらに上昇中で私達個人が使用出来るのは40万台弱ほどとの事です。

この数は多いと思いますか?


この台数は人口に対しとても少なく見渡せばそこら辺にあるというものではなく、探し当てると言う感じ。

緊急時にはAEDの有る場所を知っているのと知らないとの差は大きく、探す時間が命と同様に重要な部分です。

あなたのお住まいの近くに設置してあるAEDご存知ですか?

知っている方はおそらく非常に少ないでしょう。

お住まいの近くに救急車、大きな公共施設、スポーツクラブなどには設置してある場合が多いので意識するといいかもしれません。

また確実に有る場所を知りたい問う言う方はAEDを探せるサイトがあるのでぜひご活用をすると良いでしょう。

そちらのサイトの探し方は

GoogleやYahooなど検索窓から「AED設置場所検索」と入力して下さい。

すると上位のサイトをクリックすると探せる事が出来ます。

住所を入力するものや地図から探すものまで入力方式は様々ですが自分の探し易いサイトで検索すると良いでしょう。
またこの情報は確実ではないので注意も。

都道府県市町村の役所のサイトにもAED設置場所を探すサイトが掲載されている所も多くこちらでも良いでしょう。

注意点として、使用される場所から取りに行って帰ってくるまでの往復は短いほど良く片道1分以内の距離AED設置が推奨されています。

10分を過ぎるとAEDで処置したとしても救命できる確率は限りなく低く、また息を吹き帰したとしても後遺症が残る確立も高くなってしまうとの事です。

あなたの近くにAEDが設置してある場所は見つかりましたか?

もし無ければ対応するように改善を図る事をオススメしたいとろこですが、方法は個人で所有する他ないでしょう。

ですが価格が高いので検討するなら安く購入方法があります。

こちらのページに⇒一般家庭用、個人用AEDの価格は?最安値で所有する3つの方法記載してあるので気になる方は参考にしてみて下さい。