一般家庭用 個人用AEDの価格は?最安値で所有する3つの方法

一般家庭用、個人用AEDの価格は?最安値で所有する3つの方法

AEDは高価格だが今は、一般家庭用や個人所有(個人用)する時代へ移りつつあります。少しでも最安値な方法(レンタル・リース・購入)を価格比較し安い値段で所有するお手伝いが出来れば幸いです。

AEDは高価格で個人や一般家は普及と遠し、突然死の予防を考える


突然死とは誰にでも起こり得る病死とされています。

※予期しない病死の事を指し、発症してから24時間以内という定義

心臓病を患っていない健康な人でも起こり得るという事になります。

統計されたデータをみてみると・・・

年齢は

特に多い年齢層は30際代から始まり60歳代が一番多い

人間は誰しも年を取り老化が進んでいきますのでこれは予防しようがありませんよね。


性別は


女性より男性が多い


病気は


生活習慣病を患っている人糖尿病、脳卒中、心臓病、高月旨血症、高血圧、肥満などや

心臓病を患っている人急性心筋梗塞、狭心症、不整脈、心筋疾患、弁膜症、心不全などという情報でした。


日常生活は


ストレスの蓄積、極度の過労、急激な運動、就寝中、入浴中、休憩中、排便中、喫煙など


原因は、千差万別なのでこれだけやれば大丈夫という予防方法は残念ながら、と言うしかありません。

ある程度の予防法としては日常生活の見直しを進め健康管理をおろそかにしない事位。

私が思う所、予防で防げれば越したことはありません。

ですが全て防ぎきれるとは思えなく、予防も大事ですが、原因が特定出来ないのであれば発生後の対策をもっとしっかりする。

要するに事後の早急な処置が出来るようAEDを所有する事も同じくらい大事かと感じます。

現在は、AEDは一般人が使用出来る様になってから日が浅いし価格も高く普及はされていませんが、一家に一台の時代になって欲しいと願います。

これも予防と同じ位、必要な事かと思います。

一般家庭用 個人用AED価格、最安値で所有する3つの方法は こちら