一般家庭用 個人用AEDの価格は?最安値で所有する3つの方法

一般家庭用、個人用AEDの価格は?最安値で所有する3つの方法

AEDは高価格だが今は、一般家庭用や個人所有(個人用)する時代へ移りつつあります。少しでも最安値な方法(レンタル・リース・購入)を価格比較し安い値段で所有するお手伝いが出来れば幸いです。

AEDは東京マラソン活躍、高価格だが今後の普及が期待

個人家庭用AED価格マラソンでも活躍
AEDが国内のマラソン大会で使用されて事案は2005年の大阪府の泉州国際市民マラソンになります。

その後マラソンブームも有り、東京マラソンでは約30万人もの人が参加をする大きな舞台となっています。

ですが毎年、これだけ大人数が集まるスポーツなだけにマラソン途中に倒れる方は後を絶ちません。

こんな中、東京マラソンの医療救護体制は力が入っており、参加ランナーだけでは無く沿道で応援する方にも考えられた医療チームを整え安全なマラソン大会の推進が進められています。

医療救護班は特別なウェアを着用し救護隊だと判るようになっていてますし、AEDもすぐに対処できる距離に設置されています。

5Km以内に1台設置され合計で15台もの体制。また救護班も同様に待機。

その他にも機動班も万全で間隔をあけランナー風のAED所持班。自転車での高機動AED所持班。

専門の医療関係者からボランティアの方に至るまで色々な方が協力をしながら、実にAEDの導入台数は50台以上にものばります。

東京マラソン大会では、AEDは現在、必要不可欠になりつつある医療機器。

そして共に安全なマラソンが提供されています。

ですがこうした大きな大会から離れるとAEDは、まだまだ普及はされていなく、せいぜいスポーツクラブや団体では少し普及されている程度。

個人レベルや家庭レベルではまだ価格は高くほとんど広がっていません。

個人で対応する方法としては万が一の事を考えAEDマップを碓認するなど、一人よりも二人以上で楽しむ事をするなど考えた方が今の段階では良いかもしれません。

一般家庭用 個人用AED価格、最安値で所有する方法は こちら