一般家庭用 個人用AEDの価格は?最安値で所有する3つの方法

一般家庭用、個人用AEDの価格は?最安値で所有する3つの方法

AEDは高価格だが今は、一般家庭用や個人所有(個人用)する時代へ移りつつあります。少しでも最安値な方法(レンタル・リース・購入)を価格比較し安い値段で所有するお手伝いが出来れば幸いです。

殿下の思いはAED普及、個人や家庭にまで身近に、価格がネック

スカッシュAED価格個人家庭の所有
高円宮殿下はスポーツの復興に力を入れられていました。

特にサッカーは日本サッカー協会の名誉総裁をするほど、スポーツの発展を強く願っていた事でしょう。

スポーツ復興と共に楽しむ事も好んでいたようで、2002年11月21日、スカッシュをカナダで楽しんでいた時の事。

・・・最中、突然倒れ、心室細動による心不全。

すぐさま救急隊を呼び、到着するまで蘇生措置が行われました。

早急に救急車が到着し心肺停止の状態のまま病院まで搬送され、懸命な処置も有リー時的に心拍を取り戻しましたが、その後、容態が悪化し帰らぬ人となりました。

この事故以降、心肺停止蘇生法の重要性が広まり、そして死去から2年後の2004年には一般人でもAEDが使用出来る様になりました。

多くのスポーツ施設に設置が進み、スポーツの突然死を少しでもなくなるよう願いが込めらていることでしょう。

AEDの普及が間もない日本では価格がまだ高く、個人用としてや家庭用としてのAEDの導入はまだまだですがこの思い引き継がれ、価格の壁もいつか取り除かれる事でしょう。

価格を抑え最安値で一般家庭用、個人用のAEDを所持する方法は こちら