一般家庭用、個人用AEDの価格は?最安値で所有する3つの方法。

一般家庭用、個人用AEDの価格は?最安値で所有する3つの方法

AEDは高価格だが今は、一般家庭用や個人所有(個人用)する時代へ移りつつあります。少しでも最安値な方法(レンタル・リース・購入)を価格比較し安い値段で所有するお手伝いが出来れば幸いです。

AEDを取り巻く環境 ~価格は低下、未来の展望~


AEDは登場してからかれこれ10年の月日がながれました。

当初発売価格1台100万円以上が当たり前でした。

物価の変動はあるものの、100万円と言う価格を聞いて購入する人は限りなく少なかった状況は想像が付きます。

それから2007年台その間の進歩はすさまじく、1台30万円台のAEDも登場し始め低価格が進み機能も格段に上がりました。

低価格化が進むことにより、AEDが推薦される場所以外にも心臓病などで危険性の高い疾患者を持つ家族や、個人で所有をするケースが出てきています。

またレンタルやリースも当たり前のようになり月々約5,000円から借りられ、かなり身近な医療機器となりました。

一部の方ではAEDの認知度は高くなりましたが、全然知らないなど知らない人の格差も生じています。

AEDとは簡単にどのような医療機器かと言うと


人間の心臓は動く事によってポンプの役割を果たし、血管を通し全身へ酸素を供給します。

そのポンプ心臓がなんらかの原因で異常なリズムになり痙攣を起こしている状態で、そうなると酸素を供給できなくなり危険です。

そこへ電気ショックを与え心臓を正常なリズムヘ促し脈拍を戻す為の機器になります。

よく心臓が止まったから電気ショックを与え生き返ると思っている方もいますがそれは正確には間違いです。

難しく考えなくてもAEDは使い方は簡単で、AEDのフタをあけ電源をいれると音声ガイダンスが流れます。

電極パッドを所定の位置に貼付け心電図解析を行い、電気ショックが必要な場合はその指示したがって操作行う、という手順です。

また心臓マッサージのタイミングも教えてくれる機能も付いている機器が多いのでそれほど身構える必要はないでしょう。

AEDは更に便利になっていくと思われ、AEDのフタをあけると最寄の施設に自動で連絡が入る様になりスマートフォンのアプリを利用しAEDの設置場所がわかったり、またコンビニなどでも良く見かけるようにまでになっています。

AEDの普及は始まったばかり、需要は非常に高く更に低価格で高機能で便利になっていく可能性があり、将来に期待をしたいですね。

一般家庭用 個人用AED価格、最安値で所有する3つの方法は こちら