一般家庭用、個人用AEDの価格は?最安値で所有する3つの方法。

一般家庭用、個人用AEDの価格は?最安値で所有する3つの方法

AEDは高価格だが今は、一般家庭用や個人所有(個人用)する時代へ移りつつあります。少しでも最安値な方法(レンタル・リース・購入)を価格比較し安い値段で所有するお手伝いが出来れば幸いです。

AEDを管理する事、AEDを理解する事、所有する意味を知る事


救命処置は時間との闘いが必要不可欠、イザと言う時にすぐ使用出来る様にしておく必要があり管理は最も重要です。


日常管理の重要性


日常点検、おろそかにすることはできまん。

AED自体に自分で自分を管理する機能(メンテナンスチェック)があり、それは毎日行われいつでも使用出来るようにサポートしてくれます。

またAEDは使用しなくても使用期限が過ぎると使えなくなる消耗品(電極パッドなど)がありその期限の管理を所有者がする必要があります。

AEDの所有する意義=「すぐ」に使用出来るように設置する訳ですから日常管理をおろそかにしては意味がありません。

これはしっかり管理しましょう。


AEDの正確性


AEDとは一般市民にも使用できる用途がありますので当然、人為的ミスで誤操作となってしまってはいけません。

AEDには誤ってショックボタンを押しても動作しない安全装置がありますし、AED自体の解析する機能は高く電気ショックが必要でない方を除細動しない仕様になっています。

ですがAEDでも予期出来ないこともあり、もし患者に誰かが触れていたら感電をしますのでそこは注意を払わなければなりません。

このようなAEDでは判らない注意事項は最終的に操作する人の確認は必要になります。


小児と成人の電流の違い


小児と成人では電力が違います。

電力量(J=ジュール)

※小児とは未就学児
※成人とは就学児、小学生以上

この電力の流れを制御するのはAEDで行います。

現在はおおよそ2種類の方法があり、電極パッドで小児と成人とを使い分ける方法とAED本体のスイッチで切り替える方法になります。

それぞれのメリットとデメリツトはありますが、使い方を間違わない様に理解はしましょう。

一般家庭用 個人用AED価格、最安値で所有する3つの方法は こちら